読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くこと

 

働くことについて改めて考えてみたのだけど、

根本的に働くことへの向き不向きを考えたら私は向いていないなぁと思った。

今までの仕事は幾つかやってきたけど基本辞めたいというより通り越して死にたいと常々考えていた。

 

朝自転車で通勤している時に、フラフラ自転車をこぎながら

このまま誰かが来るまでぶつかってきてくれないかな〜とか考えたり

大きな川が通勤途中にあった時には、川の前で立ち止まってここから落ちると死ねるだろうかと考えていた。

最後の仕事は、今までの経験上を含めてやめたほうが良いと思って死ぬまで至らず辞めるって判断のうちに辞められたけど続けていたら死にたいに陥ったと思う。

 

契約期間まで続けた2つの仕事を、「出来た」という結果論としてだけ見てしまっていたのだけど、中身を開けてみると向いてないの塊であった。

その過程には、離人感を感じて自分が自分じゃないように感じたり、酷い頭痛だったり携帯の音で動悸がするようになったりと言う過程があったことを忘れていた。

睡眠も浅くなっていったし、深呼吸も出来なくなっていった。

 

嫌すぎてすっぽり抜けてしまっていた。というより、忘れることじゃないと次に進めないと思って無理に忘れようとしていた。

どうせ、最後は無理やり私が死にたいと言っても詰め込むんだろ皆んなという思いがあるからだ。

 

けど、忘れちゃいけなかったのかもしれない。

私には出来ないことなのかもしれない。

 

今日、ずっと悩んでたライターの仕事をやっと応募した。