読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の青春はボーカロイドだった。

 

私は、中学の頃からボーカロイドを聞いていた。

高校生になってもボーカロイドを聞いていた。

仲が良くなった友達はボーカロイドを知っている人達だった。

 

私はボーカロイド以外の曲に基本興味を持てなかった。

 

青春の恋の歌なんてものがあるけど、ああいうものは全く響かない。

私にとって青春の歌はボーカロイドだった。

 

 

大学生になった。周りはほとんどボーカロイドを聞いてる人がいなくなった

友達もボーカロイドを聞かなくなっていった。ネットから離れていった。

会社にボーカロイドを知る人なんて誰もいない。

 

自分も聞かなくなった。それより普通の曲を好きになろうとした

普通の曲に近いボカロから始めていった。確かに順番に色々と覚えていった。

今ではあらゆるジャンルを歌える。

 

けど私の心はぽっかり空いた。