うつヌケを読み終えて。

 

うつヌケと言う本をご存知でしょうか?

田中圭一さんが、うつを抜けだした経験のある方々のお話を漫画にして書かれた本です。

 

うつヌケ

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

うつヌケは、Twitterで話題になっていて名前だけは知っていました。

そんな時、TVでこの本が取り上げられているのを目にしました。

それだけ話題の本なのだなあと思っていたところ、たまたま行った本屋さんに売っていたので買うしかないと思い買いました。

 

買った私は、うつ病です。

 

全ての物事が億劫に感じている私からすると、漫画はとても読みやすくて1日で読み終えることが出来ました。

 

 

読んだ結果としては、100%の解決は出来ないかもしれないけれど解決へのヒントをあたえてくれる本だと思いました。

 

うつになる原因が人によって本当にそれぞれです。だから解決方法は本当に人それぞれあるようです。

けどその中でも筋が通っている部分もあり、そこを明確に示してくれている本でした。

しかし、その筋を私なりに見つけられているかといえばそうではないので100%の解決は出来ません。ですが、解決の方向に向かう矢印みたいものは見えてきました。

だからヒントを与えてくれる本です。

 

ただ、本を読んでまた色々ぐちゃぐちゃと悩み始めました。

今は悩んでいる段階なので本を読んで良かったとは言い切れません。

けど、コンビニに行くのもやっとの状態から、本屋まで行き本を手に取り本を読み切るという体験をしたということは意味があったのではないかと思いました。