私の生き方

 

 

昔、とある人が教えてくれた生き方がある。

たまにふっとした時に思い出すとそれで助けられたなあと思った。

 

それは、決して立派というものではないけれど

それがあったから私は遠く離れた土地に行って足が上がらなくなっても

判断力を失わず生きて帰ってこれた。それがなかったら色々ままならなかったと思う。

 

 

それは、

怒られないようにする事

 

たまたま縁があって出会った仕事先の人に教えてもらった。

 

 

私はそれまで精一杯に生きていたし、何なら凄いと思われないといけない

っという思いでいっぱいだった。

しかし、次第に体はついていかなくなってどうにもできなくなった時この言葉を思い出したら何とか生き延びた。

 

体は動かないけど、ここまでやらないと怒られるから最低限ここまではやっておこう。

あの上司が一番に大事にしていることはお客様対応だから、そこは何としても最優先にしよう。それは生き方へも反映出来た。

 

相手へ、情を抱けないかもしれない。

でもせめて、相手を怒らせないようにだけはしよう。

 

怒られることは私にとっての恐怖だった。

学校の先生からも怒られたことはなかった。そのように過ごしていたから。

それを生き方として意識したのはその人との出会いであった。

 

私は周りのことをあまり信じられないし、

人に対して情を湧くことがほとんどないけれど。

この考え方だけはこの先も大切にしたいと思う。