やっぱり占いが好きです

 

ちょっと楽しみなことがある。

最近は専ら占いばかりしていて、占い好きが広がって

ついに前から気になっていたタロットカードを購入してしまった。近日中に届く。

 

占いをしてもらっていて、人のためになる助言とか心理学的な側面からのお話とか

そういうのを見ていると占いって奥が深いなあと思った。

そんな私は占い好きでも実はスピリチュアルが胡散臭いなあと思っていた。

今でもスピリチュアルって言葉を聞くとまだ胡散臭さがあるけれど、見えない力ってのはあるなあと常々思ってきたから占いをやってる。

 

占いが好きな度合いが日に日に広がるのは、色々な占いを見て見方が変わってきたからだと思う。

まず、これは意外だったけど、占い師の方が商売とは言えども、

かなり礼儀正しい人が多くて純粋にそれを素敵だと思うし意外な面に気付けて面白いなあと思った。

占う前に挨拶してくれたり、やっぱり結果は良し悪しがあるんだけど、それでも相手に幸せになってもらうために相手に沿って提案したり(ここら辺で心理学の知識を用いている人とかが結構いるみたい)

最後もきっちりありがとうございましたってご挨拶あったり。

 

それと占いを繰り返していくと、占いのあり方に自分の中で変化があって

「昔は何も言わなくても見えて当てる人」だったんだけど、そうとは限らなくて

タロットカードの場合だと、事前に悩みを聞いてそれを踏まえた上でカードを引いて

カードからこう言う答えが出ましたって言う風にやったりする。(違うのもあると思うけど)

その出た答えから悩みを解釈していて緩和していくような、いわゆる相談に乗る役みたいな役割。

 

で、カードってのはそのたまたまのきっかけにすぎないみたいな。

現状どうあがいて良いか分からない時って答えが出ない。

そういう時に今はどうした方が良い時なのって見えない力に頼ってみるみたいな。

完全に答えは出せないかもしれないけど、今現状の答えに近いものが出せるみたいな。

 

何か占いって勘違いしていたなあと思う。

いや、確かに霊能者とかって世の中には見える人々もいるからそういう人は見えるんだと思うけれど、見える占いだけが全てではないなあと思った。

 

未来を良くするために今どうある方が良いのかと言う感じに

寄り添う占いというのも素敵だなと思った。