読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

案外、自分が当たり前に出来ていることが出来ていない人がいることに気づく。

 

 

意外と、自分が当たり前に出来ていることが出来ていない人がいるのだなあと思った。(逆もしかり)

 

ネットサーフィンが苦手ですって言う人とか

服をこれに何を合わせれば良いのかわからないって人がいるとか

カレーライスはどう作ればいいかわからないっていう人とか

 

私にとっては当たり前にわかるような部分だけど、

そこをわからない人がいて、

私がわからないことを当たり前の人が居るのだなあと色々やってきて思う。(と言っても20年余りだけど)

 

 

ココナラで絵を書く人を見ているけれど、

絵を描くのも様々で得意不得意があるらしい。

人を描くのは上手いけど背景を描くのが苦手な人や、人物は書けるんだけど最近はやりの目の大きい絵は苦手な人。逆に目の小さい絵が描けない人。

 

とても面白いなあと思った。

 

私は小さい頃、自分は絵が下手だと思っていた。いつも人を真正面しか描けない。

私には絵が上手い友達がいて、その人は特にドラゴンとかを書くのがもの凄くうまかった。

その友人に言われたことが「私は横顔しか書けないから真正面が書けてすごいね」だった。驚いた。

人の真正面というのは意外と難しいらしい。左右対象に書かないといけないから。

斜め横向きだと目の大きさを左右対称にしなくても良いというメリットがあるのだそうな。

 

不思議だなあと思った。

 

それで、先ほど私は空と雲を書くのは、ほぼほぼやったことがないけど

多分、書けるだろうなあと思ってペンタブで描いてみた。

 

f:id:soni-173:20170304104905j:plain

 

意外とそれなりのものが書けた。

けど、これも出来る人と出来ない人がいるんだと思ったら驚いた。

これをもう少し立体的にする方法も見た感じで自分はわかるけれど

わからない人はわからないんだと気付いた。

 

不思議な世の中。