読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は他の誰でもなく私であることに気づくこと

 

 

私は、よく色々な人の真似をします。

話の内容もそうだけど、ニュアンスとか雰囲気とかテンポとか

そういうものを真似ることによって現実でその人へ近づくことができ、仲良くすることが出来ていました。

 

 

ブログを書くときも、この人の言葉の選び方を真似して書こうとします。

ネットでは人と関わるつもりがあまりなかったので、実際に近づける人になっていたのかはわかりません。

ただ、現実の真似癖がネットでも現れていました。

語尾を「ですます」はやめて、「だ」にしようとしたり、時にはタメ語にしてみたり、

読者さんへ問いかける形にしたり。

他にも、最初に大きいことを言ってそこから細かく内容を書いていくスタイルであったり、感情的なことをつらつらと書くスタイルであったり。

 

 

ただ、そこに落ち着いて居座ることが出来る私はいませんでした。

 

私は、私以外の人になろうとしていました。

私は、私以外の人になれないことをわかっていたつもりでも繰り返していました。

 

そのことへ気づくことが出来たことは、私にとって大きな収穫だと思います。