運動をしたら無意味にだるい時間が減った

 

最近、運動の良さと楽しさに気づいてきた。

ここの所、ほぼ毎日30分は運動してる。(卓球)

 

少し前までは、とりあえず動ける限りで体力を分散して

30分を持つようにやろうと言う意識でやっていた。

そうすると、会話とかもなくただただ無心で計算的に運動をしていて

終わった後は脳の疲労がひどかった。

それでも「運動しないと」と思ってやっていた。

純粋に楽しいとかはそこになかった。

 

けど、ここ2、3日最近運動が楽しい。

いかに汗をかくかを重視して運動をし始めた。

昔、20分からが体が本格的に動く準備が整うという話を聞いたことがあり

卓球を30分やった後、汗をかくまでラジオ体操と筋トレをしてみた。

 

そうしたら、それまで無意味にだるくなって困っていた時間が減った。

原因不明の鼻呼吸が苦しくなる時間も減ってきた。

朝はスッキリ起きられるようになった。

 

さっきも卓球をしていたんだけど、今日から全力で取り組むことにした

最初でバテると思っていたら、むしろいつも以上に長い時間出来た。

そして、沢山笑いながら出来て楽しいという感情も湧いた。

 

運動をするのに純粋に全力で楽しんでやればいい気がした。

 

あくまで自分の例だけど。楽しかった。