読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会には見えない層がある

 

私は、社会は大抵類友で集まっていると思っていて、

それと似たようなことを思っている人のツイートを目にしました。

 

 

 

社会に見えない層がある。それは私も日々感じていることでした。

 

しかし、本来見えない層の向こう側に何度か行ったことがありました。

見えない層に行けたのは、自分の軸がぶれていて色々な場所へ踏み込めたからでした。

 

見えない層の向こう側は、今までの価値観がひっくり返りました。

今までの当たり前が向こうからすると当たり前じゃなくて、

信じられないことが当たり前だったりしました。

同じ世界だけど常識が違いすぎて別の世界に来たような気にもなりました。

 

ある層では男っぽいと言われる自分が、別の層では誰よりも女性らしいと言われたり。

性別すらも混乱するほどに。

 

ただ、さらにそこから斜め上の層がある気はなんとなくして、

けどそこは踏み込むきっかけを自分から働きかけることすらも難しい。

そんな層もあるような気がしています。

例え話で、コネが無いと行けない領域のような。

 

 

元の層に戻ると、その層の価値観は忘れそうになってしまいます。

それを忘れないような時間、空間を作り上げる。

これが最近の私の目標のように思います。

 

そして、新たな層を見つけられたら少し面白いなあと思います。