読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものを好きだと認識するには

 

好きなものを好きだと認識するには

嫌いなものを嫌いだとしっかり認識しないといけない気がした。

 

自分は全部に対して良い顔をしていた。

全部の物事に半端に手をつけ、全部をそれなりに好きであろうとした。

なんだかなというものも、別の角度から見たらこの要素は好きかもしれない

などと、なんとも言えないものの好きを探した。

 

そうして私は自分が何を好きかわからなくなった

やりたいことは置いていて

好きなことすらよくわからなくなっていた。

 

今日、うっわこれは大嫌いだなあと言うものを痛感した。

はじめは、これでも良くしないとなと考えたけど途中で面倒になった

そうしたらとても楽だった。

 

「そうなんです。私はその物事がとても億劫で・・」

っとわかったらそれに近づかないようにしたいという思いが湧いて

その為に仕方がないからこっちをやろうなんて言うように動き出した。

 

そうして、それに比べるとこれなんて凄い良いものじゃない

とか比べる対象ができたため

今まで普通だったものが良いものへと変化していった。