読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機嫌・体調を記録する

 

 

自分の身近な人は、私が真剣に困っていて、考えて出した答えを

真剣に説明するけど怒ってくることがある。

根拠はないけど昔からそういうもんだからと言って

解決策を言うわけでもなく私が馬鹿になったと怒鳴って片付けようとする。

 

ということを、先日久しぶりに体験した。

 

昔はしょっちゅうあったんだけど、

ここ最近は、言っても仕方がないから話す事すらをしないように

してたり、基本的に流したり、話してもジャンルを選んでいた。

見極めを出来ていたのでその問題が発生する事はなかった。

 

しかし今回「発生した事」に問題がある。

 

以前なら説明力とか話し方の問題だろうかと

人を怒らせない方法なんて本を読んだだろうけど違う。

長年試行錯誤の末、もはや説明を聞く気がない人に説明をしたところで

無駄に体力を消費するだけだとわかった。

その相手がよほど大切なら説明をすることがあるけど、

私を罵倒するくらいだ、身近な人とは言え大切度は年々低くなっている。

 

という感じで「話をやめること・ジャンルを選ぶこと」で対処できていたのが

対処できなくなったことが問題と時間が経って気付く。

 

 

で、どうして対処できなくなったかを考えたら

答えは「機嫌」だった。

 

確かに先日の私は出かけた疲れや体調不良が重なって決して機嫌は良くなかった。

今まで何度か繰り返して、こういう時に対処できなくなることが多々あった。

けど、私の機嫌の悪さというものは自分でも把握が難しい。

特に周りは自分が機嫌が悪いことなど全然わからない。

 

だから記録しようと思う。

せっかく手帳も買ったので記録しようと思う。

 

案外シンプルなところに答えは転がっていた。

以前の自分ならその1個1個の問題に対してどう思ったのかを

記憶することが大切だと思ったけど、

問題は全体的に今何が起こってるかだと思った。

 

基本的に、イライラって感情は何か嫌なことが積み重なったり、体調が悪くて

出てくるものだと思っている。

 

 

気持ちに鈍さを持つ自分としては体調の可能性が高い。

ということで、機嫌を記録するし、なぜ機嫌が悪いか体調はどうかも

丁寧に記録したいと思う。