雑記「好きの断捨離」

 

 

身近な人に好きなことを全否定されたとか、

何となく好きでダラダラ続けていたのは生きる上であまり良いことではないから

全部を諦めてしまった。

 

好きな音楽を聞くこととか、好きな無料マンガを読むとか。

好きな音楽は確かに訳がわからない歌詞が多いジャンルだったから

理解が少ない当初はとっても仕方がなかったと思う。

とっても悲しかったけど、理解されないことは仕方がなかった。

 

好きな無料マンガは、ただ好きだからというか

暇で無料でお話が読めるからダラダラ続けていた。

けど目には良くないし、他のことへ時間を費やした方が良いことはわかっていた。

だから全部やめた。 

 

そうしたら好きなものは全部なくなってしまった。

 

けど、全部無くしてよかったと今は思う。

好きの断捨離をした。

 

おかげで、また1歩1歩そこの好きを摘めるようになった。

 

好きのレベルを把握出来てきた。