雑記「視点と違い」

 

 

ふと、通りすがったテレビではトランプ大統領について

不安だという人々の声を聞いている。

 

この手のニュースはここ最近増えたように感じる。

テレビをあまり見ない自分で思うのだから、もっとやっているのだろう。

 

 

こうやって不安要素を多く出すのは日本にデメリットが多いからだろうか

はたまたマイナスを押し出すことによって何かの株を売り始める人とかが出てくるのだろうか。

 

あいにく、早急に必要性が感じられないニュースは

右から入るけど左に抜けていくものでこれはそろそろ直さなければいけないけど

トランプ大統領を支持している人は、どういったニュースを見ているんだろう。

不支持のニュースが大々的に取り上げられるけど、トランプ大統領に選ばれたということはそれなりの理由もあるだろう。

投票方法の問題だったとしても、トランプさんに票を入れた人がいるのは確かだ。

 

視点が違うと見るものも全然違うんだと思う。

 

 

先日、南京市が日本に観光をアピールする動きがあったことを

ネットニュースで伝えられていた。

南京事件というものがあったけど、それなのにどうして観光?という話だった。

ついでで書いていた南京事件の説明のところで立場が違えば話も全然変わるんだと思った。

 

確か、殺された人の人数だったと思う。

中国側では30万人という認識だったけど、日本では5万〜十数万人という認識らしい。

 

 

ああ、同じ事件だけど立ち位置で全然見えているもの、

数値が違うんだなと思った。