将来の自分に呪いをかけないようにしたい

 

昨日、行列のできる法律相談所

藤田ニコルちゃんの意見?にりゅうちぇるが真面目に答える場面があった。

私は藤田ニコルちゃんもりゅうちぇるも好きなんだけど

今回はちょっとりゅうちぇる怖いなあと思った。

 

「りゅうちぇるビーム」は「ニコるんビーム」のパクリでは?

と言う問題について

りゅうちぇるが「パクリじゃありません。・・あ、ニコるんビームしかないから怒ってるんですか?」

 

と言うような感じで答えるという感じでした。

ニコるんビームしかないからというのは、そういう決めポーズ的なネタ

うまい例えが見つからないから、お笑い芸人さんで例えるとネタをそれしか持っていないと言うような話なんだと思う。

 

ニコルちゃんは、はっきり意見を言えるし自分の考え方があって素直。

りゅうちぇるは、奥さんのぺこちゃんを本当に大切に第一に考えてるのを行動で表してるし、変わったキャラだからと周りから批判されてもブレない。

 

そこが私がお二人のことが好きなところで、凄いと思うところ。

 

 

けど今回は、りゅうちぇるがニコルちゃんを小馬鹿にした感じで答えていて

上から物を言う感じで、そこが少し嫌な気持ちになった。

 

 

先日、「自分の発言で自分に呪いをかけないで」という風な言葉を

ツイッターで見かけた。

確か、混雑しているところでのベビーカー問題をお話ししててベビーカーの対しての文句を言っていた方に対してのものだったと思う。

今、その人はお子さんがいないけど、もしいつか持った時に同じことで困るかもしれない。その時のために呪いをかけないでというものだったと思う。

 

これは私へ跳ね返ってきた。

最初の仕事をしていた時、「本当、この人遅いんだよ、早くやれよ」と黒い自分がいた。言葉には出さずとも内面の端っこで常に居座っていた。

 

その後、転職して全く違う業界に行った。

そこでは目の前のことへの速さよりも、作業は間で少しずつやりつつ

メインは対人というスタイルだった。

全く違うスタイルで、マルチタスクが苦手な自分としては凄くやりにくかった。

 

それで、「まだ終わらないんだ」

と言うような空気感とかがあって、けど早くやれよって過去に言っていた自分もいて

その時自分にその言葉がそのまま返ってきた。

早くやろうとすると、次はミスが出てという具合だった。

 

 

りゅうちぇるは、以前番組で行列に出る前に1度ぺこちゃんの彼氏としてテレビに出たことがあると言っていた。

けど、それはりゅうちぇるの部分は放送されなかったらしい。

「彼氏として出ます!」という感じでツイッターに書いたけど出演してなくて、

フォロワーさんからは「あれ?りゅうちぇる出てないの?」という感じの反応があったらしくてプライドがズタボロになって号泣したようなことを言っていた。

 

号泣するぐらいのプライドなら、

今回の発言がもし自分へ跳ね返ってきた時、りゅうちぇるはどういう気分なのかなと思った。

 

けど、同時に今のりゅうちぇるにとってこれが精一杯なんだろうとも思う。

自分のことと並べられる問題ではないかもしれないけど、

あの時、「早くやれよ」と思いつつも言葉には出さなかったのは

それがよくないことだとわかっていたから。

 

それでも湧き出る感情を湧かせない方法を

あの時の自分は知らなかった。

ダメだと思っても、どうやっても湧いてきて仕方がなかった。

 

 

今回テレビを見て湧いた気持ちは、自分はもう自分で呪いをかけないようにしなよ

っという自分への念押しになった。