こう言う視点があるんだなと思いました

 

 新しく始まるプリキュアの予告が公開されました。

プリキュア自体は、自分が中学生ぐらいを最後に見てなかったのですが

次回作のプリキュアの声優陣の発表で少し興味を持ちました。

 

ああ、有名子役だった方。今はこれだけ大きくなったんだ とか

あー確か夕方にやっていた料理番組?の子かな とか

あと、宝塚で男役の経験がある方々と、声優は全く詳しくないですが

とりあえず、豪華メンバーだなあと思っていて、その予告が公開されて見ていました。

 

その後、はてなブログトップにこの記事が来ていて見てみました。

 

prehyou2015.hatenablog.com

 

それぞれのプリキュアに決め台詞があって

「うさぎショートケーキ キュアホイップ」

 

とか、と言う。今回のプリキュアはお菓子をモチーフにしているようです。

そして、それぞれに動物が割り当てられているようで、

その中の1つが「いぬチョコレート キュアショコラ」でした。

 

 

この記事はここの部分に注目しています。

簡単にまとめると、小さい子が見るもので「いぬチョコレート」と言っていると

小さい子は犬にチョコレートを食べさせても良いんだという発想になる可能性があるのではと言うお話でした。

 

この方以外にも、ツイッターで同じようなことをつぶやいている方がいるようで

「そういう視点があるんだ」と思いました。

 

 

私はと言うと、「さすが男役をやった方、キュアショコラかっこいいなあ。」

って思って、そもそも動物のモチーフがあることすら気にも留めていませんでした。

 

だからこのブログを見なかったら動物モチーフすらも気づけませんでした。

 

 

同じものを見ているけど、これだけ見え方が人によって違うんだということを

目の当たりにした瞬間でした。

何はともあれ、子供が見ている世界と大人が見ている世界は違うと言いますので

こういうこともあり得る可能性があるんだなあと思いました。

知らないことを知ることが出来ました。