自分が2016年やってよかったこと3つ

 

今年は色々と密度が濃い年だったからそろそろ締めくくる。

※自分がやってよかったから人が良いとは限らないからやるときは自己責任で

 

1海外の人と関わりを持つ

仕事で海外の人と関わりを持つ機会を増やした年だった。

元々海外の方と関わりたいと思っていたので仕事で関わろうと思い仕事をそちらへ移行した。そしたら予想外にも職場も海外の方が居たことは驚きだったけど、そこで得たことは数多くあった。

海外と日本で考え方が違うことは分かっていたつもりだったけど、バケツの水をひっくり返すくらいここまで違うかと思った。

とても単純明快でシンプル。複数の国籍の方と関わってたまたまかもしれないけど

自分が関わった方々はとてもシンプルだった。

これは人によって合う人合わない人がいると思うけれど、複雑さ、抽象的な表現が苦手な自分にとってはとてもわかりやすいものだった。

 

2新しい挑戦を沢山すること

とにかく新しい挑戦をこれでもかというほどしまくった。

おかげで先日のクリスマスと去年のクリスマスが1日ぐらいの違いしかないぐらい時間が高速に過ぎていった気がする。

知らない人へ声をかけることや、よくわかないけど行ってみたかった場所へ行くこととか会ってみたかった人へ会うとか。

飛行機を予約なんてしたことがなかったけど一人で予約をして乗って遠くへ飛んで行ったり、とにかく行き当たりばったりでめちゃくちゃやっていた。

けど、やはり知識が薄いから危険とか注意しなければいけないこととかに遭遇したり何度もあったから、これは本当に綱渡りしている感じだったなと今思えば恐ろしい。

しかし、教えてくれる人とか事前情報を得る手段がどうやっても無理なものだったりしたパターンが多くて仕方がなかったかなと思う。

けどそこから生きているからとりあえずは本当に良かった。そして、そういう時どうするべきかという手段を得た自分は今ここにいる。

 

3ブログを続けること

私は自発的に始めたことは基本的に続かない人間。

本当に3日坊主という言葉があるけど、3分とかに変えたほうが良いとか思う時がある

そんな自分はこのブログを始めて今日で33日目だ。33日坊主をやれた。

これは自分にとってとても大きく進歩したことであるし、そこで凄く得たものがたくさんある。

コメント数は自分の返信も合わせて4件だ。それでもコメントの数より書き続けることが自分にとって自分への自信に繋がるから今は書くこと自体がとても楽しく感じる。

こうやって書いている記事を楽しいと感じること、そもそもこの記事を書いたこと。

そして最悪だと考えた一年は最高に得た1年とひっくり返ったことはここへ書くという手段がなかったら起こることはなかった。

 

最悪で最高になった1年だ。ありがとう。

 

 

 

英語版

 あ、ちなみに関わったけど基本的に言語は日本語で英語はまだまだ勉強中です

 

enomoto.hatenablog.jp