読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「気にしすぎ」という感情は完全なる悪であろうか

 

自分の中で一呼吸を置いてみたけど、

やはり、ご飯が美味しくなくなるモヤモヤ具合を残していると思って

記事を書こうかと思った。

 

「気にしすぎ」を悪とする傾向があるけど、

それを決して一概に全て悪ではないのではないかと思って書こうと思った。

 

たまたま、家でそういう出来事に出くわして

今まで人生で気にしすぎることでとやかく言われたことがあったけど

は?っとなることが多々あったからだ。頭が変なるわ

 

「これは大きな問題になるから気をつけろ」

っという割に

 

じゃあ、ここはおかしいのではないですか?と言うと

「これは私だからまあ良いわ」

・・は?という具合が多々あったことだ。

 

例えば、今日食べるハンバーグに虫が入っていたらよほどの虫を食べることを好む人じゃない限りは嫌だと思う。

それで虫を入らないよう気をつけようというように上の人が話していたとする。

そして気をつけるための決まりごとを作ったとする。

けど上の人が作るときにその決まりを幾つか忘れて、虫が入ったか入らないかわからないあやふやな可能性がある。とする。

そうしたらもしかすると虫が入ったかもしれないハンバーグを食べることになるかもしれない。けど、まあいっかとなる。それは嫌じゃないだろうか。

 

起きてる物事は同じで、やっていることが言った本人だからと言って

問題が消えるということがあるはずではない。起きている問題に変わりはない。

 

それで頭が変になったなれの果てから最近復活してきたわけだけど、

単純に、そこでさっと隠して長い目で見て後で大きな問題になることが

運良く隠せたとしても、それはただ運であって、運がなかった場合は、現実で隠せていない。

 

 

それを指摘することに対して

「気にしすぎだ」と結構言われる節が私はあった。

 

そこの気にしすぎは、ふとおかしいんじゃないか?と思った。

むしろ気にするべきだろうと思う。

実は過去に起こったのは仕事でだったのだけど、それによって仕事へ大きな損失が出る可能性があるパターンだった。

いっときのプライドを守るより

そこを捨てないと会社ごと潰れる可能性があることをなぜわからない。

 

 

ごめんなさい、愚痴っぽい記事は好まないけど

今、起こっていることとは全然別のことだけど、例としてあげてみた別のお話です。

 

だからと言って、自分がこんなんだからダメなんだ、

もしかするとこの人は私のことをウザく思っているのかもしれないとか

こう言う「気にしすぎ」に関してはこれまた「違う問題」だと思ってます。

これの問題点は、そうやって思ってもいないけど思い込んでしまう心が問題点でそこを改善する必要があると思っています。

 

気にしすぎの人を擁護するつもりの記事ではありませんが、

気にしすぎを完全悪とすることで何か頭がおかしくなりそうになったので書いてみました。

 

ご飯食うかあ。