なぜゲーム依存症になるかが大事だと思う

 

なぜ私がゲーム依存症になったか。

 

単純に、ゲーム以上に楽しいことがなかったから。

 

友達と運動するの嫌いだし汗かいてすぐ風呂入れないの嫌いだし

チームワークとかでハイタッチとか嫌いだし。

友達家行って、互いに互いのDSでゲーム通信してる方がよっぽど楽しいわ

 

まあ最終的にそれもめんどくさくなって家の中で

遠くの人と通信してゲームするスタイルに変わっていったんだけど。

 

 

けど、運動は大事だと思ってる。今は運動が好きで筋トレとかよくする。

何が大事かって、なんで運動が嫌いだったかが大事だったなと今は思ってる。

 

純粋に動くこと自体はすっきりする。けど、私は人と運動すること、

すぐ気持ち悪い状態を無くせないことが耐えきれなかったから。

だから一人で筋トレをするし、自分のペースでやることで毎日続けられるようになった。

ランニングの人目が気になるなら人が少ない時間でやると良いと思ってるし

それのための早起きとか嫌ならお金があるならランニングマシンを買えば良いと思っている。

 

依存は悪い、って話をし続けるじゃなくて

依存以外の楽しいがないから依存以外に楽しいをどうしたら作れるか考えたい。