男友達が結婚したら

 

友達に恋人ができたを読んだ。この記事が結構わかる。

 

ataso01.hatenablog.com

 

これを要約すると、(自分の要約は下手くそだけど)

記事の主は女性で、友達は男性。

その人に恋人ができて悲しいのやら何なのやらという話。

男女の壁で親友にはなりきれないみたいなそんな。

「男女の友情は成立しないのは恋愛になるからだけじゃない」

すごくわかる気がした。

 

私の場合は少し違って、彼女がいる男の友人がいる。

10年近い友人?らしき立ち位置ではあるけど

何度か彼女ができたことは聞いていた。別れたことは聞いたことはないけど

彼女とどうだのこうだのの話題はほとんど出ない。

自分も聞こうと思わないし、向こうもたまにしか話さない。

 

ただ、「結婚したらこうも話せなくなるからなあ」のようなことを

ずっと昔に聞いたことがあった。

何だか悲しい気持ちだった。

 

たまに、「結婚することになった」を聞く日が来るかもしれないと

シュミレーションをしたことがあったけど、やはり悲しかった。

 

恋愛感情は全然抱いていない。抱いたことがない。

けど、自分的には大事な人間であることは確かだと思った。

 

 

ただ、それぐらいのことをだらだらと書きたかっただけだけど、

本当にそれだけだけど書きたかった。

いつも頭で考えるばかりだったから書くことをしてみた。