自分の他者からの愚痴に対する思い

 

 

最近、知人が自分に対して愚痴を聞いてという

自分はそこまで知人は大切ではないから聞かない

 

へえ とかその程度で終わって知人は不満がタラタラなのを

語尾の雰囲気とかで伝えてはくるけれど、

自分が嫌なことをしょいこんだら自分は自分が嫌な人へなっていく。

だから聞かない。

 

愚痴を言うということは不満があるからで

その不満を解消しない限り永遠と終わらないし

1度聞いてあげたらまた何度も聞いてくれる人だと思われる。

 

だから愚痴を極力聞かないようにしている。

この人だったら助けてもいいかなって思った人とか

思った瞬間、話を聞くことはあるかもしれないけど

 

どうでも良い人へそういう時間は割きたくないと思っている。

 

それに愚痴を聞いて自分にメリットがない

愚痴を聞いてあげたから私の愚痴を聞いてねみたいな暗黙スタイルとかも絶対嫌だし

自分は愚痴は無意味だと思っているから言いたくもない。

 

昔は言ってたことがあるけれど、

言うたびに嫌な気持ちになっていって、

段々と自分の中で愚痴に対する思いはそこへ辿り着いた。