芭旺くんがノッチさんに相談乗ってた感じで自分ものってみる。

 

芭旺くんと同じ部分もあると思う

 

ただ、22年余りだけど自分だったらどう声をかけるかなと

考えてみたかったから考えてみた。

ノッチさんにアドバイスしたいとか芭旺くんになりたいとかじゃなく

自分だったらどう声かけるだろって、引きこもってたから

知らない自分を見たくてブログを書きます。

 

 

芭旺くんはこのかた

 

見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる

 

 

ノッチさんはオバマさんの真似してるお笑い芸人。

 最近オバマさんの退任により人気が落ちないか心配らしい。

 

※同意見だって思ったものは似てたらすみません

あと質問内容曖昧だから確かこんなもんの記憶で

 

 

Qオバマはやめたほうがいいですか?

 

Aやめなくてもいいというか、それがノッチさんの大事な一芸で別に

やめるって選択肢はいらないと思います。

使えるときあれば使えばいいと思います。

 

 

Q笑われるので、滑るのが嫌なんです

 

A長くなります。芸人として笑ってもらえることは良いことではないですか

怒られるうちがまだ良いって感じの言葉ありますけど、

一番は無関心で反応すらもらえないことだと思います。

無視されたらノッチさんが芸人ということすらスルーされてることなので

反応はしてもらえてるからそれをどう生かすかだと思います。

 

言葉たくみに人を笑わす明石家さんまさんが居ますが

あれはさんまさん自体が話すことも笑かすことも物凄く大好きで好きでやってるから

ああやってみんな笑って。あとは性格が関係するのかもしれませんが。

あれはさんまさんに備わった才だと思います。

天才は努力は物凄くするけど、それは楽しすぎて努力って気付かないぐらい

努力してしまったりする天才が存在するようです。

世の活躍してる人は楽しそうじゃないですか。

というか人間誰しも楽しいことって続けれるじゃないですか。

 

ああ、ここでいう才は天才を指すのではなく

その人に備わった才能です。

話すを例に挙げると、話すは複数あります。

相手のことを聞きながら話すのが得意な人

説明することが得意な人、笑わせるように話すことが得意な人

それぞれみんな得意分野があるので、

そこを生かせると良いのではないかと思います。

 

逆に思いっきり滑らせることができるのはノッチさんの

ある意味才ではないでしょうか。

芸人になりたいとなったのなら、その道でどう自分の持ってるものを生かすかが

大事なような気がします。

笑わせることはできないけどまずは、自分は滑らせることができる。

あくまで考え方の話で滑りだけでは限りませんが。

 

確か、ますだおかだのますださんはすべり芸をしていた気がしますけど

それでも全力で滑りにかかるじゃないですか。

滑るぞー!!ぐらいの勢いで

だから、滑らせることがノッチさんはできるから

芸人って笑わせてなんぼかもしれないけど、笑わせることができないなら

思いっきり滑らせてみることで得るものがあるかもしれません。

 

答えはあげれませんが、

自分に備わったもので生かせる部分があるかと思います。