年始に福袋を買う人を理解することが難しいと思ったことがある話

自分が体験した話。

 

 

昔、福袋を買うための買い物に付き合ったことがあった。

 

初売り初日ではなかったから

その人はもうそこそこ売れた福袋を買おうとしていた。

それでお店の人に中身を聞いたり、

結局1個ずつ中身を見せてもらって買おうとしてた。

 

 

いやまず、福袋の意味なくね

 

 

色々なお店で見かけるんだけど

中身見てもいいですよみたいな。

いやもう福袋の意味。

 

あと中身はこのマネキン通りか色違いとか

ほとんどその系統ですって思いっきり出していたり。

中身マルワカリ。

 

そして、それに5000円とか1万とかお得だからって買うけど

それのうち何回も着るのは何枚だろう。

着回せる想定は出来てるんだろうか。

 

福袋の楽しみをね、

「何が入ってるかわからないのが楽しみ」にするならまだわかるけど

その中身すらも見てしまったら、なんかもう

もはや福袋じゃなくてよくない?となった。

 

 

自分だったら、普段安くないけど良いものがお正月だと

安くなったりしてるから、その中から

着たいって心から思えて自分の持ってる服で着回し出来るものを1着か2着ぐらい買うから福袋の必要性が全然わからなかった。

 

いやあ、買ってないからわからないんだよってもし言われたとしたら

買ったことはある、何度がその値段価値あるか買ってみたことはある

それでも私は値段分の価値はあるように思えなかった。

買った場所が悪いのやら、自分が悪いのやら、いずれにせよ

自分はそこに価値を見出せなかった。だからそれから一切買ってない。

 

福袋の価値を中身わからないけど開けてみようっていう

未知の楽しみにかけるならまだわかるけど、

それにすらかけないのは全く意味を理解することができなかった。

 

まだまだこの世を理解するのは難しい。

 

 

あと最近は、セール効果で勢いで買うことも

むしろ無駄出費かもなあ思って正月セールは基本的に行かないようにした。

必要な時に必要なもんでいいなと思った。