又吉直樹さん、栗原類さん、GACKTさん、手越祐也さん彼ら4人への好きを「仏と神」で表現できた。

 

長年の悩みがやっと解決した。

自分の好きは細かく分類ができそうで分類をしてみようと思う。

 

これは、チームで分けることが出来る。

(Aだから強いとかBだから弱いではないです。ただのチームわけです。)

 

Aチーム

又吉直樹さん

栗原類さん

 

Bチーム

GACKTさん

手越祐也さん

 

 

今までは、Aに飽きたからBに行ったかな

Bに飽きたからAに行ったかなと考えていましたが、

AもBも好きであるということが判明しました。

 

ただ、好きへの種類が違うと思いました。

友達として好き、恋人として好きという違いがあるように

こういう違いだと思います。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

では、私は彼らに対してどう思うのか

(説明上、私ごときが失礼な表現があると思いますがすみません

けど、説明上わかりやすくするため失礼します)

 

Aチーム(又吉さん、栗原さん)

  • クラスで言う同志的な部類
  • 友達でありたい
  • 近いものを感じる
  • テンション具合が合う
  • 落ち着く

 

BチームGACKTさん、手越さん)

  • 物凄く遠い
  • 尊い
  • 神々しい
  • とりあえず凄い

 

 

こんな具合だと思う。

これをタイトル通りで言うと

 

Aチームが”仏”のような落ち着き具合だと思う。

Bチームが”神”を崇拝する具合だと思う。

 

 

長年、自分の好きの着地点で悩んでたけど、

結局全部好きであって好きの形が違ったんだなということに

20年余りかかってわかった。

 

 

読んでくれてありがとう。すっきりした。