自分を表すとすると「思考力がある馬鹿」だと思う

 

確実に言えるのは自分は極端で

 

人にすごく合わせるか

人にすごく合わせないかどちらかしかできない

 

ちょうどいい塩梅っていうものを出来ない

 

 

 

それはもの作りだったら

これは日の温度によって伸び具合が変わるものだとか

物へは理解できてできるけど

 

人間に対してはいい塩梅ってできない

 

 

めんどくさいから馬鹿素直であったりするけど

察しがいい部分とかがあって実はすでに気づいてるパターンもあったり

 

 

自分をどういう人間かっていうと

 

思考力がある馬鹿だと思う

 

クッソ考えて考えて。

けど結果として極端だから実戦でうまいことできなくて馬鹿で

うまくやろうとしてうまくできなくなって馬鹿で

 

 

考えっていう部分だけへ集中できても

話して対話するって動作まで入られるとできなくて

 

 

 

思考力とか理解力自体はあるけど

逆いうとそれしかかできない

 

対話が面白い流れで行き流れ的にこう来るとか

そうやって先が来る流れとか潰したくなる

 

嫌だそうやって流れでそうくるんでしょとかわかってるから

潰す理由は簡単。あとで冷めてテンション乗れなくなって

自分がテンション乗れなくて乗れない自分を否定されるから

 

そうやって傷つく前にテンションこれ以上は相手あげないようやる

 

 

プライド高いんだよとかそういうのに対してテキトウに話す人とか

もうプライド高いってなんだかわからんけど

どうせプライド高いだろうけどわからん、どこからどこまでどの要素がプライド?

 

それってそんなプライドで片付けていい話?

こっちは少なくともここまでで600文字考えるぐらい思考してるけど。

 

 

とかそういう風に思考して

あああくそとかなって結局自分を自分で苦しめて馬鹿で

 

それを永遠と繰り返し続けて