英語記事をたまに書くと自分を見失わない

※あくまで自分はの話 

 

英語で記事を書くときって

 

I think nice.

私はいいと思ってるの

 

って感じの翻訳に脳内がなっているから

 

 

But I can't it

because it is dificult.

 

まあけどできないんだよねえ

なんでかというと難しいから。

 

 

みたいな物凄いざっくりした翻訳口調となっているから

くそまじめ自分が真面目になりすぎると

日本語でざっくり書きたいことも書けなくなる。

 

そういう時に英語記事挟むとちょっと自分硬くなりすぎてたなとか

見直すことができる。

 

だからって基本的に書いてるわけではないけど

たまにそういう風に書くことで自分を見失わない。