自分が出来ることで、人を喜ばせれることは何だろう。

 

私が体調を崩す前も崩してからも

おばあちゃんはたまにお小遣いをくれていました。

私が体調を崩してお母さんはお小遣いをくれました。

 

 

自分が体調を崩す前は、もらったお金と稼いでいたお金を

自分が必要としていることは何か探すためにひたすら使っていました。

お金を使っていたから間違いではないけれど、

心は満たされない一方でした。

自分を満たさないと人を満たすことが出来ないと思っていたからです。

 

それで本を買ったり、色々な職業をしてる大人に話を聞きに行くために使ったり

遠くへ出て自立する練習をする準備資金へ使ったり。

結局心は満たされることはいつまで経ってもありませんでした。

 

結局それらは、ほとんど無駄でした。

けど無駄と気づけたから良い資金でした。結構かかってしまったけれど。

 

 

そして、それを無駄と気づいた今、

大切にもらったお金はとってあります。

それで欲しいものを買いなさいと言われますが欲しいもの大してありません。

 

けど、できたら心が満たされる使い方をしたいと思いました。

自分から何もかも無くなった時、

満たされたことは自分ができる範囲でやったことで母が嬉しく思ってくれたことです。

 

自分ができる範囲でやったことで人を喜ばせることは

嬉しいと感じました。

 

逆に、自分を削ってまで喜ばせようとしたことは

満たされず、喜ばれなかった時のショック度が大きいことは人生で学びました。

 

 

だから、自分が出来ることで人を喜ばせることができること

せっかくもらった資金を使ってできることを少し考えたいと思いました。