初めて後悔をした気がします

 

ここまで自分が出来ることを精一杯やってきたから

後悔は1回もなく生きてきたと思います。

 

その時はそれ以上できなかったから仕方がない

そうやって後悔は全然なかったと思うのですが、

1個後悔したことがありました。

 

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

 

 

読んでいて、類くんが通信制高校へ通っていたという文章がありました。 

 

 

ああ、私はなんで通信制高校へ行かなかったかと後悔しました。

実は、高校生の途中で通信制へ行きたいと一人調べて思っていました

けど、結局ギリギリ公立高校で単位を取得して卒業しましょう

そうやって出たくない授業、行きたくない学校へ毎日怖いと思いながら

怯えながら通っていました。

 

確かに成績はそこまで悪くない学校だったし

唯一ボーカロイドとアニメの話をできる友達が高校で1人いました。

今思い出せばその子は友達と思っていたかもしれません。

それでなんとか高校へ通っていました。

 

けど、嫌がたくさんあることが日に日にわからなくなって

嫌を嫌じゃないと思い込んで暗示することで学校へ通えていたと思います。

 

 

 

中学途中から高校へと進学するにあたり成績が劇的に下がった理由は明確ですが

詳しくは書かないでおきます。

 

けどその一つで高校生活が影響していたとは思います。

大まかはそこではないけれど。

友達というよりは、やっぱり中学から私は変わらずクラスで上でいることを

大事にしていました。

けど、それを抜きでも本当の大切な友達は出来なかったと思います。

 

ボーカロイドで話せた友達はなんだろう。

けどうまく顔を思い出せないからその程度だったのかもしれません。

 

 

で、話は逸れましたが

高校を卒業してからテレビで通信制高校についてテレビでやっているところを見たりして

いいなあ、私もここが良かったなあと思うことが多々ありました。

それをもすっかり抜け落ちていましたが、

類くんが本に書いているのを見かけて ああ、ここは自分で後悔したところだと気づきました。

 

後悔は無く生きていたつもりでしたが

後悔という心が思いを発していたので、これは大切だと思いました。

そうして、ここへ今文を書いています。

 

大切を一つ見つけることができました。