自分の服装について20年余り路頭に迷っていた

 

 

人と被るのは嫌なんだけど

人と被るのが嫌な周りが行き着く先に被るのも嫌だったから

緑のパンツを履いたり

裾をめくると柄が出るパンツを履いたり

 

マスタードカラーや、えんじのカーディガンとか

けどそこで私ってイメージを固定されるのも嫌で

私はそういう系統ではあるけど

一色ではまとめて欲しくなくて。

 

けど系統的に見るとマスタードカラーだったから

マスタードカラーに絞られてしまったのがどうしても嫌だったらしい。

 

もう嫌だと思ってっ女の子MAX路線から男装から

色々したと思う。

 

そしてもう服には悩むのを諦めてしまって

毎日がユニクロの同じ無地のYシャツにパンツを履く日々となってしまった。

 

自分が求めるものって一体何だったんだろうって思う。

求める服って何だったんだろうって。

 

 

これではないことは確かにわかっていた

けどどれなのかはやっぱりわからなかった。

 

 

けど、栗原類君の本読んでて

 

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

 

 

全身赤系のスーツとか、

イギリス系(なのかな?)のYシャツとか

学生服とか見てて

 

うわあかっこいいなあとは思った。

 

ちょっとそこらも物色してみたい。