幼い頃から大変だったし、あなたは絶対幸せになれるよという言葉が嫌いだ。

 

それは、その人の経験を持った持論かもしれないけれど

どういった根拠を含むだろう。

 

その言葉を真に受ける私が馬鹿かもしれないが

真に受けて幸せを掴もうと足掻いて

周りから攻撃されて、それでも足掻いても掴めない

 

それに、結局はその人たちが大好きだったけど

何の根拠もなく他人だけどその場しのぎでかけた言葉と気付くと

私はもうその大好きだった人も他人で大嫌いとなってしまうことが多々あった。

 

結局は私はその相手へ依存的だったといえばそうだ。

けどこの傾向を自分で止められる策はなかった、

良くないとわかっていてもそれ以上にどこに努力の形を向ければいいかもわからなかった。

私の助けの最後の光のようだといつも必死に掴もうとしていた。

 

 

あなたは焦りすぎだ、まだ十代。気長にね。気長に。

 

 

さて、その言葉を信じて自分なりに自分を探して成人を超えてしまった

国的に守ってくれる制度はあれども学生の時とはわけが違う。

何も、何一つ解決しない。

 

そして結果は、脳みそがストレスで縮んだ。

 

また言うのだろうか、

脳みそが縮むくらい頑張ったあなただから

絶対幸せになれるよ。

 

もうやめてくれ、他人を信じれない私を育てないでくれ。

仲良い人が結局は他人だとわかっているから、

もうわからせないでくれ。

 

 

 

私がこの言葉を嫌いなのはなんだろう。

 

 

小さい頃から父親に怯えて生きてたこと

母親は体が悪くて小さい頃から家に帰ったら家事、休みの日も家事をしていたこと

学校ではいじめにあうこと

先生はいじめ側につくこと

いじめにあったら私が悪いと親責められたこと

頑張ったことを認めてもらえないこと

勉強、たくさんの習い事から委員会から色々やってた

いくら頑張ってもそれは都合がいいやつに過ぎなかったこと

それへ気づけなかったこと

本当の友達ができないこと

コミュニケーションの本を読んだり心理学を勉強しても人と本当の意味で仲良くなれないこと

コミュニケーション技法を使って仲良くなることは出来ても自分の過去だけは隠さないと平和が崩れること、自分が傷つくこと、自分が傷ついて周りを傷つけること

外見を整えたところで結局はみんな私のうちを見てもらえなかったところ

 

 

いや、自分の問題の解決策を誰も提示してくれないけど

それでも勝手に私の世界に土足で踏み込んできて

根拠のない言葉をかけていい人をやること。

 

 

そうやって私はどんどん人を信じれなくなったかと思う。

私は依存しないようにしても依存的になるし

思考回路は止めたくても止められない

複数のことは同時にできないし。

 

もう人と仲を深めるのはやめたいと思った

表面だけでいい。

 

 

・・・この上の二行を書いて今苦しかった。

 

 

本当は人から助けてもらいたい、他人だとわかってるけど

わかってるけど自分はどうしようもできないから

だから誰か助けてほしい。

 

けどそうすると、人は離れるかテキトウな言葉をかけて

他人だというこの感情を思い出させるから。

 

 

そうか、私は人を怖いと思う。

それすら忘れていた